スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塗装のあれこれ

降りますね~雪。
積もんなきゃ好きなんですけどね~ふわふわしてて^^
さて、今日はみりんさんにご質問を受けましたのでその時やった塗装方法について少し語りますね~。
そん時の作品がこれです。
画像 263
グフですね~。
で、こいつの塗装が絵具を使用してるんですよ。
この手法は、主にスケールモデル(戦車)とかに使われるんですがガンプラに使えんもんかな?
とか思ってやってみました。
ん?そういや、ザクもこれでやったか?
まあ、それはさておき。
その時使った画材(絵具)がこちら
画像 262
ホルペインアクリラガッシュ(不透明・アクリル樹脂絵具)です。
入手するには、画材屋さんに行っていただくと大抵おいてあるので簡単に手に入ります。
バラ売りもしているはずなので、欲しいカラーだけ買うってのもアリです。
使用していただくには、Mrカラーうすめ液で希釈してください。
水でもいいんですが、乾燥後の剥離が激しいのでお勧めできません。
だいたい絵具1:うすめ液2くらいだったと思うんですが・・・・
混ぜながら加減してうすめ液を加えて頂く方がいいと思います。
で、この塗装の利点
下地にシルバー等を塗装しておき、その上に塗装して角などを削ると下地が見えてダメージ表現なんかがやり易いってことですね。
乾燥後、プラバンなんかのちょっと硬いものですぐ削れます。
カラーを作る際に混ぜ合わせが楽。
混ぜ合わせた時の色がそのままカラーになる。
つや消し塗装には最適。
ってとこですかね~。
逆に不利点としては、
乾燥後、塗装が剥離しやすい。
重ね塗りをかなりするため、塗装が分厚くなりがちになる。
ツヤのある色はでない。
混ぜ合わせをしっかりしておかないと、色がバラででることがある。(特に黒で青の中に黒のスジがはしってたりする)
表現の仕方によってはコレは逆に利用できますが。
ってなかんじですかね~。
筆塗りで私はやったので、エアブラシを使った場合はどうなるかわかりませんが
筆塗りすることをお推めします。
私に限っては筆がやりやすかったのと、塗装をする場所の流れが筆でやった方が出るのでいいと思います。
あくまで、絵の具ですのでプラモ用の塗料とは感覚が違います。
絵を塗るような流れみたいなもんがありますので。
他にも使い方はあるんですが、
絵の具をそのまま、薄めず短く切った筆で汚れの表現とか・・・etc
という具合です。
っと、こんなもんですけど参考になりますかね?みりんさん。
説明下手ですいません><
解りにくいとこあったらまた、言って下さい。
私で解ることでしたらご説明します^^
それでは、この辺で~~^^
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

早速のご回答ありがとうございます。

結構色々実験されたんですねー。
良く判りました。

Mrカラーの薄め液が使えるとは知りませんでした。
てっきりアルコール系を使われていると思ってましたので。
薄め液の方が定着が良さそうな気がしますね。
利点に付いては私の考えていた処をズバリ突かれました。
逆にそれが不利な処となる訳ですが、このジレンマ的な部分を
やるかやらないか考えるているんです。
私がするならエアブラシですが更に塗膜は薄くなるので保管上、
大丈夫かとも思うんですね。
後、スミ入れやウォッシング等にも耐えられるか?
多分、エナメルシンナーだと剥がれるでしょう。
ペトロール、ターペンタインでも恐らく…。

ま、製作に入っても塗装まではまだ先でしょうから、色々検討して
みます。

No title

プラバンに塗りたくってみて、右往左往でしたw
Mrカラー以外だと分離します。
筆でも触らないぶんには、剥離せず大丈夫なんですが、なんかに当ててしまうとねぇ><
墨入れはトップコートかけてやることでOKなんですが・・・
ウォッシングはどうかと・・・^^;
あまりお役に立てずスイマセン;;
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。